「極楽通信・UBUD」



バリ島滞在記「ウブドに沈没」


極楽通信・UBUDウブドに沈没 ≫ はじめに・目次


次へ



■はじめに


このコラムは、わたしが1990年5月7日にバリの地を踏んだ時から、ウブド滞在の約1年間を思い出しながら記してみたものである。コラムというより、日記かメモと呼んだ方がよいかもしれない。
1990年のウブドは、濃緑の墨があるとすれば、そんな墨で描かれた水墨画のような風景だった。
それは、ひとたび闇に包まれると、モノトーンのグラデーションの世界となったものだ。
タイトルの「ウブドに沈没」はウブドが水中に沈むのではなく、わたしがウブドの魅力に惹かれ長期滞在していく過程を意味している。
ウブドを訪れた第一印象は、「日本の30年前に似ている」だった。
郵便局が一軒。郵便は住所不定の外国人には配達されないので、定期的に郵便局に出向かなければならない。
個人所有のテレビは少数で、村人は集会場に設置されたテレビを鑑賞していた。
モータリゼーションとは無縁の村で、自動車、バイクも数えるほどだった。
それから22年が経過した。
村で数台しかなかった電話は、電話線敷設より携帯電話の普及の方が早かった。
ウブドは、目覚ましく変貌した。
今では、インターネットが使える携帯を持っているバリ人が多い。
WiFi完備のホテル&レストランが普通になりつつある。
22年間、一度も日本に帰国しないほど沈没してしまった「ウブド」っていったいどんなところ?
これを読んで、あなたも「ウブド沈没」気分を味わってみてください。
記憶が薄くなって曖昧なところもあり、途中で思い出して追加&訂正することもあるのでお許しください。
後半は、ネタ薄。
一部「極楽通信・ウブド」と重複する原稿もあります。
乱文だが、我慢して最後までお読みいただけると嬉しい。
そして、ご意見ご指導を頂けるとありがたい。


ウブドに沈没・目次


■05月・01)寝床を探す旅


■05月・02)ウブドへの道のり


■05月・03)ロジャース・ホームステイ


■05月・04)カジェン通りの散歩


■06月・05)屋台街デビュー


■06月・06)ロンボク島の夢破れ


■06月・07)再びロジャース・ホームステイ


■06月・08)ワヤン・カルタとの出会い


■07月・09)偽造ビザで長期滞在


■07月・10)芸能鑑賞の日々


■07月・11)常連の集う屋台


■07月・12)モンキーフォレスト通り


■08月・13)サクティに家を建てる


■08月・14)ウブドの花嫁


■08月・15)巡回映画に興奮


■08月・16)ひったくりに村の制裁


■09月・17)停電は日常茶飯事


■09月・18)ハヌマン通りの散策


■10月・19)スマラ・ラティに感動


■10月・20)妖怪ガマンは赤たまねぎが苦手


■11月・21)めしの種は飯屋に限る


■11月・22)ダラム・プリ寺院の祭礼


■12月・23)魔法使いのおばあちゃん現れる


■12月・24)日本食料理店の開店計画


■01月・25)居酒屋・影武者の工事開始


■02月・26)麻薬の売人容疑で危うく逮捕


■02月・27)ホームステイの訪問者


■03月・28)建築現場はショックの連続


■03月・29)ニュピ祭礼日の過ごし方


■04月・30)いよいよ長期滞在だ!


おわりに



次へこのページのTOP極楽通信極楽通信・UBUDAPA?TOPページ