「極楽通信・UBUD」



ウブドなんでも事典


[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


あ行

@あ
アルマ(ARMA)美術館

どしょっぱつは、アルマ美術館にしました。
ウブドの南部プンゴセカン村の田んぼの中にそびえ立つ、赤い瓦屋根の巨大な建造物。
広大な敷地に、美しい庭園を中心にして、展示館、イベントホール、野外劇場、レストラン、カフェー、ブック・ショップなどが配されている。
これがアグン・ライ・ミュージアム( Agung Rai Museum of Art)です。
称してARMA。
1996年6月9日オープン。
プリアタン村にあるアグン・ライ・ギャラリーのオーナー、Anak Agung Rai氏が館長です。
「バリ島以外のインドネシアの文化、そして、世界中の文化や芸術をここで紹介したい。それが、バリの芸術や芸能にいい影響を与えたらいい思うんだ。そして、バリの文化の育成と保存も、もちろんすすんでしていきたい」
積年の夢だったミュージアムの設立のコンセプトを語るアグン・ライ氏。
アグン・ライ氏の豊富なコレクションが見られる展示館、イベント・ホールで国内外の画家の展示会が催され、野外劇場ではバリ芸能が公演されている。


@あ
アノム・バリス(Anak Agung Gede Anom Putra)

1965年、ウブド生まれ。
スマラ・ラティ歌舞団のリーダー。
バリ舞踊のひとつ「バリス・トゥンガル=Baris Tunggal」の踊り手として名高い。
バリス・トゥンガルは、男性一人で演じる、戦士の舞踊のこと。
「アノム・バリス」と呼んで通じてしまうほど、バリス・ダンサーとして有名だ。
彼の踊るバリス・トゥンガルを観た人は、誰もが身体が震えるような衝撃を受けることだろう。
私は、涙が溢れ出していた。
それは、自然の驚異を目にした感動に似ている。
アノムは、それをスピリットと言う。
観る人の心を、これほどまでに揺り動かすアーチストが、何人いるだろう。
ウブドの貧しい家に生まれ、小学校の制服以外服が買えず、時には氷売りの手伝いなどをして、ささやかな生活費を得ていた。
父親は、バリ舞踊の名士だ。
母は、幼い頃に亡くしている。
10歳の時、彼が生涯の「母」と呼ぶ、人物と出会う。
バリに魅せられてやってきたアメリカ人のアイリーン女史だ。
彼女は、アノムが父親から舞踊を習っている場面に出くわした。
その時、彼の非凡な才能を見抜いていた。
バリ舞踊を習うようにすすめ、スポンサーとなった。
才能はすぐに開花し、村中で評判になる。
16歳でバリ舞踊コンテストのバリス部門で優勝。
政府の奨学金を得て、コカール(芸術専門学校)、ASTI(現在ISI=インドネシア芸術大学)と進学。
どちらも、トップの成績で卒業している。
1986年、ラフォーレミュージアム原宿で行われた「サダ・ブダヤ歌舞団」公演では、踊り手の主要メンバーとして参加。
1988年、ASTI卒業と同時に「スマラ・ラティ(Semara Ratih)」を結成し、現在に至る。
定期公演の名称は「スピリット・オブ・バリ(Spirit of Bali)」。

アノム・バリス
(写真提供:田尾美野留)

@あ
アントニオ・マリア・ブランコ(Antonio Maria Blanco)

チャンプアン橋の西のほとりの小高い丘に、ユニークな意匠の美術館が建っている。
1952年に、バリ島北部の港町シガラジャに上陸し、その後ウブドに住み着いたアントニオ・ブランコ氏の美術館だ。
1911年9月15日、フィリッピンの首都マニラで生まれ。
父はスペイン人、母はイタリア人。
シガラジャで知り合ったバリ人男性が、彼をウブドに連れて来た。
男性にウブドの王族・チョコルド家を紹介され、世話になる。
王宮での滞在で、舞踊の練習風景を何度も目にするうち、バリに魅了されていく。
チョコルド家は、チャンプアン橋の袂にある小高い丘の土地、簡素な家とアトリエを無償で与えた。
彼は、さっそくアトリエで絵を描き始める。
情熱的で風変わりな性格の彼の画風は、それを証明するかのように自由奔放なものであった。
手伝いの家族の中に、美しい娘がいた。
名前をロンジ(Ronji)といい、王宮で子供たちに舞踊を教えている女性だった。
彼は、ロンジをモデルに絵描こうと考えます。
彼の考えるモデルとは、裸婦のことだ。
「モデルになってくれ」と、ロンジに頼みます。
この時代、女性が人前で裸のモデルになるということは考えられなかった。
彼の時々起こす特異な行動も、ロンジには理解できず、モデルをすることを拒んだ。
「芸術のためだ」と力説してロンジを説得しようとする。
ロンジは、もじもじと恥ずかしがるばかり。
何度も拒否するうち、彼の誠意に負けて承諾する。
これを期に、結婚することになる。
作品の多くは、愛する妻ロンジの幻想的なポートレイトだ。
エロチックな絵は、独創的なデザインの額縁で飾られている。
美しい妻と四人の子供たちに囲まれた生活は、のどかなものだった。
芝生の敷き詰められた庭、屋敷寺の向こうには菩提樹が立っている、その向こうにはライスフイルドが見える。
神秘的な丘の上の家で、彼は独特なコラージュや散文を情熱的に制作し続けた。
アトリエは、一般に公開されていて、目の前で制作に励むアントニオ・ブランコ氏の姿を見ることができた。
時には気楽に話しかけてジョークを言い、訪れた人を楽しませてくれる。
彼が人生最後に望んだものは、アトリエを美術館にすることだった。
1998年12月28日、彼の夢はかなった。
名称は「ブランコ・ルネッサンス美術館」。
翌1999年、88年間の生涯を終えて永眠する。
*アントニオ・ブランコ:http://informationcenter-apa.com/kb_Antonio_Blanco.html

ブランコ
(写真提供:田尾美野留氏・1998/3/13撮影)

@い
イブ・オカ

”い”と言えば、イブ・オカしか浮かばなかった。
イブ・オカと言えば、バビグリン(Babi Guling)。
バビグリンと言えば、イブ・オカ。
それほど有名な、イブ・オカのバビ・グリン。
豚の丸焼き料理のことをバビ・グリンと言うことは、ご存知ですよね。
バビ・グリンについては、@ば行で掲載します。
イブ・オカのオカは、称号を持ったカーストの長男長女につく名前。
イブは、既婚の女性を表す時に使う言葉でおばさんと言ったところか。
だからイブ・オカさんは、たくさんいる。
おばさんと呼ぶには、失礼かも思うほどの若い女性でも、イブと呼ぶ。
バリ人は、後ろの言葉にアクセントをつけるので、ブーとしか聞こえないことが多い。
1990年以前、オカおばさんのバビ・グリン屋の創業は、頭にのせて売り歩いた行商。
当時オカさんは、おばさんと呼ぶには失礼な20代後半だったのではないだろうか。
その後、ウブド・カジョ(北ウブド村)のバレ・バンジャール(村役場)の建物を間借りして営業している。
儀礼の時に作られる、普段は、あまり口にしない料理なので、村人に人気のワルンとなった。
1990年代に入り、観光客が増えるとともにツーリストの来店も増える。
豚を食さないムスリムは入店しないが、中華系のお客でいっぱいになる。
バレ・バンジャールは、村に儀礼がある場合は使用できないので自宅で営業。
2008年11月、マス村に大型バスの駐車できるレストランを2号店を開店。
大型バスの駐車できるレストランを開店。
2011年4月には、実家の裏手の渓谷に、大型レストランを開店。
*カースト:http://informationcenter-apa.com/kb_kasta.html



@う
ウブド

ウブド村名の由来は。
薬草を意味するウバット(Ubad)が、通説。
通説となった話は、西暦800年代にさかのぼる。
ロンタル椰子の葉に刻まれた古文書ロンタルに、書き残されていると聞いた。
それには、こう刻まれていたと言う。
8世紀の始め、ジャワ島の高僧ルシ・マルカンディア(Rsi Markandeya)は、神のお告げを受けて、従者とバリ島を訪れた。
2度目の遠征で、美しい渓谷が目に止まった。
2つの川が合流する地点には、豊富に水の湧き出す泉があった。
一行は、旅の疲れを癒すために、この地に留まった。
マルカンディアは、これから進むべき道の思考を混乱させられたことと、川が合流することとにちなんで、この地をチャンプアン=Campuhan(古代ジャワ語・現在バリ語で、混ざるという意味のチャンプー=Campuhに由来する)と名づけた。
マルカンディアが聖地を求めて出発し、幾人かが渓谷の地で生活するようになった。
生活してうちに、多くの薬草があることを知る。
薬草の宝庫だということから、ウバットと呼ぶようになった。
インドネシア語で薬草のことは、ジャム・オバッ(ト)=Jamu obat。
では、この人たちがウブド人の先祖になるのか?
それまで、人々は住んでいなかったのか?
村名も、なかったのか?
そして、いつのまにかウブドになった。
疑問は残る。
ペジェン周辺を拠点に栄えたワルマデワ王朝以前の話である。
*高僧ルシ・マルカンディア:http://informationcenter-apa.com/kb_markandeya.html

@う
ヴァルター・シュピース(Walter Spies)

*名前についてはウォルター、ワルター、スピースと表記されている場合もある
ドイツ人の画家で、バリ現代芸術の父と言われる人物。1895年生まれ。
バリの魅力に魅せられ、1928年よりウブド王族に招待される形でウブドに移住。
チャンプアン渓谷に最初の住まいを構える(現在のチャンプアン・ホテルの敷地内)。
バリに移住した外国人の先駆けであり、バリ語も堪能、バリ文化にも造形が深かったことから、バリ人はもちろんのこと、様々な国から来たアーティストや学者が彼の元に集まった。
著名人ではチャーリー・チャップリンも彼を慕ったひとりである。
やがて、1930年代のバリ・ルネッサンスと呼ばれる時代の立役者となる。
画家として当時のバリ人画家たちに大きな影響を与え、バリでは伝統的手法に西洋画のエッセンスを加えたさまざまな絵画スタイルが確立していった。
同時に彼は、音楽や舞踊にも精通しており、さまざまな分野に影響を与えていく。
1931年に開かれたパリ植民地博覧会に、バリのガムラン音楽や舞踊などの芸術を出店するのに尽力を尽くした人物でもある。
また、宗教儀礼劇であるチャロナランをアレンジし観光客向けの劇にしたり、サンヒャン舞踊から観光用のケチャパフォーマンスを作り出し、現在の観光向けバリ芸能の礎を築いたのも彼だ。
画家としての代表作は「風景とその子供たち」であるが、作品のほとんどはバリ島外に運ばれ、しかもほとんど残されていないという。
現在バリ島内で見られる彼の作品は「チャロナラン」という初期作品一枚のみで、ウブドのARMA(アグン・ライ・ミュージアム・オブ・アート)にひっそりと展示されている。
幻想的で神秘的、プリミティブな雰囲気を感じさせる不思議な作品だ。
バリの美しさに心から感嘆し続けた彼が生み出した作品を、バリの空気の中でもっと色々と鑑賞できたなら、どんなにいいことだろうか。
ウブドで活躍していたシュピースだが、その活動が観光化に拍車をかけることとなり、やがては急速な観光化から逃れるように、田舎の小村イセIsehへと移住。
アグン山を望むひっそりとした場所に住居を構え、ここが彼のバリでの最後の住処となった。
その家は今も残されているが、現在は私的な所有家となっており、一般には解放されていない。
1938年、同性愛者であった彼は、ホモ・セクシュアルへの取り締まりが強まる中で逮捕されてしまう。友人たちの尽力で翌年には無事に釈放された。
しかしその翌年である1940年、ドイツがオランダを占領したことをきっかけに、当時オランダ領だったバリに滞在していたシュピースは敵国人として逮捕され、愛して止まなかったバリから離れてしまうことになる。
1942年にスマトラから移送船で移動中、日本軍の攻撃により船が沈没、シュピースは溺死した。享年46歳だった。

@お
オカ・カルティニ(Oka Kartini)

オカ・カルティニは、ウブドの老舗バンガローのひとつ。
ギャラリーとレストランも併設している。
ウブド大通りの、トゥブサヨ村の北口近くにある。
カルティニは、女性につける名前。
名前の最後が「i」になるのが女性で、「a」になるのが男性と聞いたことがある。
インドネシア女性解放運動の先駆者「イブ・カルティニ(Ibu Kartini)」さんは有名だ。
4月21日、インドネシアでは、イブ・カルティニを讃える日である。
ウブドには、女傑が多い。
ベベ・ブンギルのラカさん、妹のライさんはアグンライ美術館の影のオーナー的存在。
カフェ・ワヤン・グループのワヤンさん、バビグリンのオカさん、レストラン・イブライのライさん、ママズ・ワルンのワヤンさん、などなど。
私的には、オカ・カルティニも奥様の力が大きいのではないかと思っている。
1980年代初頭、バンガローにYMOの坂本龍一氏が作曲のため宿泊したことがあると聞いた。
レセプションに、スタッフと撮影した記念写真が飾ってあったと、私の友人が証言している。
利用した部屋は現在残っていないが、エネルギーの強い部屋だったという噂もある。
ホテル内のワヤンクリッ(影絵芝居)舞台で、定期公演が行われる。
バリ伝統芸能の中でも人気の少ない、ワヤンクリッを残そうと努力している。
演者は、息子のイダバグース・プトラ君が継いでいるようだ。
イダバグースは、ブラフマ階層の名称。


*ワヤンクリッ:http://informationcenter-apa.com/gk_wayang_kulit.html


[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


か行


@か

カジェン通り(Jl.Kajeng)の石畳

カジェン通りは、ウブド王宮からウブド大通りを西にワンブロック進み、東角にデサ寺院、西角にスターバックスのある建物の間を北上する道。
以前は、ロータス・カフェ横にある蓮池とデサ寺院の間を北にのびる細い坂道です、と紹介していた。
年を重ねるごとに、道案内の説明が変化する。
左右に連なる屋敷のほとんどが、宿を営んでいる。
この通りは、石畳の通りとして名が通っている。
石畳といっても、90センチ四方ほどのコンクリート製の敷石ですが。
コンクリート製敷石の表面には、メッセージが彫り込んである。
敷石一枚いくらでツーリストや村人に寄付を募り、その場で寄付した人にメッセージをを彫り込んでもらう、というものだった。
なんとも粋な発想ですよね。
1979年と1984〜5年に、行われた。
この頃の敷石は、入り口からほんの150メートルほど、「シティ・バンガロー」の前まで。
1994年に、10年ぶりに敷石の寄付が始まった。
この時は、400メートルほど延長されたようだ。
敷石の寄付金は、一枚Rp20,000-。
順調に集まったようで、総数約500枚。
メッセージの入った敷石が、道路に並べられた。
日本語で書かれたものもチラホラ。
敷石一枚一枚に込められた、それぞれの思い出は、これからず〜っと、このカジェン通りに残るのです。
この年の大晦日、カジェン通りの道路完成式が行われた。
完成式典は、ギャニアール県の役人を招待して賑やかなものとなった。
午前中に式典が始まり、そのあと路上でガムラン演奏、バリ舞踊と続き、夕方になるとジョゲ・ブンブンに突入し、夜は映画上映会まで開かれていた。
さすがウブドです。
その後も敷石は、奥へ奥へと敷き詰められていく。
村はずれから、さらに田んぼに続く道まで。
カジェン通りは現在、美しい田園風景が見られる散策道として多くの観光客が訪れる通りとなっている。



@く
グヌン・ルバ寺院(Pura Gunung Lebah)

ウブド西部・チャンプアン橋の上から川上(北)を覗くと、眼下に見えるのがグヌン・ルバ寺院です。
2つの川の合流地点(チャンプアン)に、ひっそりと佇む。
ウブドでもっとも歴史の古い寺院。
グヌン(Gunung)は山で、ルバ(Lebah=インドネシア語のBawah)は下の意。
深い渓谷に挟まれた小高い丘の意味として使われている。
グヌン・ルバ寺院からタロ村までの丘伝いの村々に寺院を建立したのは、高僧ルシ・マルカンディアの功績である。
潅漑システム・スバックの基礎もマルカンディアのアイデアで、これがグヌン・ルバ寺院がスバック寺院だと言われる由縁だろう。
気になるのは、オダラン(寺院創立記念日)だ。
グヌン・ルバ寺院のオダランは、ウク暦に従っている。
ウク暦の一年は、210日で巡ってくる。
ジャワ・ヒンドゥー文化の影響を強く受けた16世紀のゲルゲル王朝時代から伝わった暦だ。
マルカンディアが寺院を建立したのは、8世紀。
この時代は、サコ暦(太陰暦・353日、355日あるいは356日で1年が巡ってくる)に従っていたと認識している。
「なのに、なんでウク暦なの?」という、疑問が湧く。
グヌン・ルバ寺院は、テガララン郡の行政区に属するが、管理はウブドの王族・チョコルドがしている。
ウブド王宮が管理しているからだろうか、年々、煌びやかな寺院になっていく。
煌びやかになることに、村人は、必ずしも喜んではいないように見受けられる。
グヌン・ルバ寺院のオダランは、ウク暦の第1週・SINTAの BUDA(Rabu)KLIWONが初日。
この日は、PAGERWESI祭礼日でもある。
*潅漑システム・スバック:http://informationcenter-apa.com/kb_subak.html
*ウク暦:http://informationcenter-apa.com/kb_wuku.html
*サコ暦:http://informationcenter-apa.com/kb_saka.html




[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


さ行


@し
シルビオ・サントーサ( Silvio Santosa)氏

1978年に、ジャワ島からウブドに移住した人物。
インタビュー(2007年)で、シルビオ氏が当時を語ってくれた。
その頃、宿は19軒ほどしかなかった。
宿っていっても民家の間借りだから、ホームスティのそのものだ。
電気は通っていたが、電球のW数(消費電力)は5W〜10Wと小さく、停電は頻繁にある。
薄いガラス製の筒(ほや=火屋)におおわれた、灯油ランプが常備されていた。
テレビは、村の集会場に一台あるだけ。
テレビ局は国営のTVRI ただひとつで、番組も少なく、放映時間も短かった。
村人の娯楽のひとつに、巡回映画があった。
ウブド十字路にあるワンティラン(集会場)で、週2回ほど上映されていた。
インドネシア映画が500ルピアで、外国映画は1000ルピアだった。
ウブド大通りとモンキーフォレスト通りの一部はアスファルト道路だが、あとは土道だ。
サッカー場から南側の道路沿いは、すべて田んぼ。
ウブドエリアは、本当に小さかった。
プンゴセカン村あたりまで、見渡せたものだ。
街灯や店のネオンもない時代、夜になれば道は真っ暗闇。
闇の中で悪霊の姿を見たなんて話も、普通に囁かれていた。
*参考文献「地球の歩きかた・バリ島ウブド 楽園の散歩道」
1983年、観光案内所「ビナ・ヴィサタ」開設。
1984年、バリ島道路マップ「パスフィンダー=BALI PATHFINDER」出版。
ネットの普及の影響か、2015年(12版)から改訂版が出ていない。
パスフィンダーに記載されていたコラムが「バリ島・海のない村へ」と題して日本語版で出版されている。
シルビオ氏が自ら歩いたウブドの散歩コースは、ずいぶん役に立った。


(写真:2007年・取材当時)

@せ
センゴール(Senggol)

バリには「センゴール」と呼ばれる、庶民に親しまれている集合屋台がある。
町や少し大きな村には、必ずある。
センゴールとは「すれ違いざまに軽く接触するような状態」のことを言うジャワ語。
人混みの中で恋人を探す時、この「センゴール」な行動をする。
肩を軽く触れ「ごめんなさい!」と言いながらきっかけをつくるのだ。
パサール・マラム(ナイト・マーケット、夜市)は、いつの頃からかセンゴールと呼ばれるようになった。
センゴールは、ウブドにもあった。
1989年〜1993年11月22日までの4年間存在した。
現在、ウブド公設市場の駐車場になっているところが、朝市、夜市が開かれていた広場だ。
朝市は、今でも開かれている。
広場というにはあまりにもお粗末な、砂塵の舞い上がる小さな砂漠のような空き地に15軒ほどの屋台が並んだ。
開設には、ウブド村営観光案内所「ビナ・ウィサタ」の設立者、シルビオ・サントーサの助力が大きい。
陽が西に傾き始める頃になると、大きなテーブルを乗せた台車が広場へやって来る。
細い木の柱が6本、さらに細い横木で組み立て、ビニール・シートで屋根をおおって小屋はできあがる。
テントの中央に、細長いテーブルが設置される。
テーブルの中央にはビール、コーラなどのボトル類がズラーッと並び、両側に木の長椅子が置かれる。
調理のためのコンロの上と客席の真ん中に、ケロシン・ランプをひとつづつ吊り下げて準備完了。
30分ほどで、屋台は完成する。
広場いっぱいに、青や茶色のビニール・シートの屋根が賑やかだ。
ではなぜ、ウブドのセンゴールは姿を消したのか?
ウブドの行政は、観光地化を目指した。
不衛生な屋台街は、ウブドのイメージを損なうと考えた。
レストラン経営者から、強力な撤去要請があったとも伝わっている。
カキリマ(移動屋台)のウブド乗り入れ禁止も、同じ理由からだろう。
*ウブドのセンゴール:http://informationcenter-apa.com/gt_senggol.html




(写真:1990年)


[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


た行


@ち
チャンプアン(Campuhan)

チャンプアン地名は、バリ島の各地にある。
2つの川の合流する地点は、どこもチャンプアンだからだ。
古代ジャワ語・現在バリ語の混ざるという意味のチャンプー(Campuh)に由来するようです。
バリ通のあなたならご存知だと思いますが、ナシ・チャンプールのcampurも混ざるという意味でしたよね。
ウブド西部にも、チャンプアンはあります。
ウブドの場合は、8世紀の始め、高僧ルシ・マルカンディアが、これから進むべき道の思考を混乱させられたことと、川が合流することとにちなんで、この地をチャンプアンと名づけた。
と、ロンタル・マルカンディアに記されてあるらしい。
橋を中心にした地域一帯をチャンプアンと呼び、ウブドのバンジャール(集落)の一つにもなっている。
橋の名前は、ジュンバタン・チャンプアン。
丘の名前は、ブキット・チャンプアン(通称:ブキット・チンタ)。
ウブド王宮の別荘「プリ・チャンプアン」が、丘の上にあったと聞く。
川の合流地点の丘に、ウブド最古のグヌン・ルバ寺院が建っている。



[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


な行


@に
ニラルタ(ダンヒャン・ニラルタ=Danghyang Nirartha)

晩年、拠点をウブドの南にあるマス村に構え、バリ島中を漫遊したと伝えられている。
最後は、バリ南部の海岸に建つウルワツ寺院から、瞑想しながら天に昇って行ったという伝説の人物。
ニラルタとは、いったいどんな人物だったか?
16世紀半ば、マジャパイトの末裔がバリ島に移り住み、ゲルゲル王朝が興されて、しばらくして政権をダラム・バトゥレンゴン王が握ることになる。
この時に、活躍したのが東ジャワの僧侶・ニラルタ。
バトゥレンゴン王に仕え、王権と祭司のパートナーシップの中でいくつかの功績を残した。
バリのカーストは、ニラルタによって、インド・ヒンドゥー教のカースト制度を模して作られたといわれている。
ニラルタは、ブラフマナ階層の祭司プダンダの祖となり、宮廷のための儀礼をつかさどる。
マジャパヒトの末裔たちは、称号を持つ3つの階層(トリワンサ)とし、政治をあたらせた。
先住のバリ島民は、低カーストのジャボ=Jabe(スドラ)に、それまで存在していた祭司たちも同じくは低カーストに押しやられた。
パドマサナと呼ばれる祠や社を寺院の境内に建てることを広め、「聖水による清め」の儀礼を創始し、「聖水の宗教」とまで呼ばれるバリ・ヒンドゥーの基礎を築いた。
この時代がゲルゲル王朝の最盛期で、ジャワ・ヒンドゥーの成熟した宗教、哲学、芸能は、バリ古来の文化と融合して独特の文化を開花していく。
トペン(仮面)劇、ガンブー劇、ワヤン・クリッ(影絵芝居)、宮廷音楽(ガムラン)など、王を褒め称える芸能を創作し、王の権威を見せつけた。
マス村は木彫りが有名だが、これはニラルタが神のお告げを受け村人に託したことに始まるらしい。
木彫りは、寺院や王宮の扉や壁を飾るために、また仮面は奉納舞踊のために使われた。
タマン・プレ寺院には、ニラルタが祀られている。
タナ・ロット寺院など、幾つもの寺院を建立した。
ウルワト寺院には、パドマサナと呼ばれる石で造られた神の座を設置した。
妻と娘はバリ北西部にプラキ寺院(Pura Pulaki)を建立。
娘は商売上手だったようで、商売の寺院ムランティン(市場の寺院)の建立に貢献している。
*ニラルタ=Nirartha:http://informationcenter-apa.com/kb_nirartha.html


[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


は行


@び
ビッグ・ベービー

マス村とバトゥアン村の境・サカ村の三叉路に、赤ちゃんが正座している大きな石像がある。
赤ちゃんの石像は、われわれツーリストには、まったく不可解。
疑問に思った人も多いことでしょう。
この赤ちゃんに、どういう意味があるのだろうか?
ウブドの人に「あれは何ですか?」と聞いても、答えらしい答えは返ってこなかった。
通称・ビッグベイビー、またはノー・プロブレム人形だと答えるだけ。
事故の多発する三叉路なので「何事もなく通行できますように!」と願いをこめてノー・プロブレムという名称になったのだろう、と推測する。
ミステリアスな逸話がある。
バリの暦で15日に一度巡ってくる、悪霊が徘徊すると言われるカジャン・クリオンの夜中。
ビッグベイビーは、涙を流す。
ビッグベイビーは、みずこの供養をしているという。
いつのまにか、この場所が、みずこ供養の場になってしまった。
ビッグベィビーの製作者は、イダ・バグース・プトラ氏。v マス村の彫刻家である。
称号でわかるように、ブラフマ階層(バリの最高位のカースト)の人物だ。
マス村は木彫の村として有名で、彫刻家がたくさん住んでいる。
プトラ氏が製作した彫刻は、1メートルほどの小さなものであるが、これが拡大されてサカ村の三叉路に置かれた。
赤ちゃんは家の王様、王様の中の王様。
そして、赤ちゃんは火を現し、小さな火はやがて、太陽のような偉大なものになるという。
名前は「Brahma Lelare(ブラフマの赤ちゃん)」。
ブラフマのシンボルだと、インタビューに答えてくれた。
石彫は、マス村のブラフマの人々によって寄贈されたそうだ。



@ふ
ブキット・チンタ(Bukit Cinta)

インドネシアでインスタグラムが普及し始めた2016年ほどから、各地にインスタグラム・スポットができた。
日本では、インスタ映え、と言う言葉もできているようですね。
ウブドのインスタグラム・スポットとして脚光を浴びているのが、チャンプアンの丘。
1990年、私がハイジの丘(アルプスの少女)として愛した場所だ。
グヌン・ルバ寺院の横を抜けて、裏の坂道を進んで行く。
しばらく登ると、前後左右が開けた丘に出る。
深い渓谷に挟まれた小高い丘の尾根伝いの道が、迎えてくれる。
幅2メートルほどの石畳が、1キロほど続く。
英語圏の皆様の間では「Campuhan Ridge Walk」と呼ばれている。
ローカルは、ブキット・チンタと呼ぶ。
ブキット=丘、チンタ=愛。
なんと「愛の丘」。
カップル、家族ずれ、グループ、ジョギングと様々な人が訪れ、丘を行き交う。
人々の憩いの場として親しまれ、スマートホンが活躍する。
グヌン・ルバ寺院オダランの際には、隣村からススオナン=御神体(バロン&ランダ)が奉納される。
この時、うねる尾根を進む行列が、龍のように見える。
いにしえから続いている景色なのだろう。
この世のものとは思えない、幻想的な風景だ。











[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


ま行


@ま
マルカンディア(Rsi Markandeya)

ウブド村名の由来に登場した「高僧ルシ・マルカンディア」。
ウブド村創生に、深い関わりを持つ人物だ。
8世紀の始め、ヒンドゥー教の高僧マルカンディアは、ジャワ島東部ラウン山麓の村で瞑想生活を送っていた。
瞑想中のある日、東の空に閃光を見た。
閃光は、山脈を西から東へと光りの帯を作った。
その遙か東方に、大空を貫く高峰がそびえていた。
しばらくして、光りは消え、霧雨とともに暴風が吹き始め、稲妻が大地を鞭打った。
それから間もなくして、空にとどろく不思議な声を聞いた。
「山の頂から頂まで、光明を帯びた領域をそなたに託そう」
神のお告げだ。
東方の島というのが、今のバリ島である。
高峰はグヌン・アグン(偉大な山)と呼ばれた。
バリ島に渡ったルシ・マルカンディア一行は、ジャワ島から眺めることができたアグン山を目標に進んだ。
1度目の遠征は失敗し、ウブド到着は2度目の遠征時だった。
ウブドで静養したマルカンディア一行は、聖地を求めて出発する。
2つの川に挟まれた尾根伝い(現在、チャンプアンからバンキアンシダム村までの尾根は「ブキット・チンタ=愛の丘」と呼ばれ、ローカルのインスタグラム・スポットになっている)に、北上していく。
13キロ先に肥沃な地を見つけた。
この地に、里を拓こうと奥深いジャングルを切り開いていった。
彼らはその地をサルワアダと名付けた、現在のデサ・テガラランにあるタロ村だ。
バンキアンシダム村からタロ村までの村々は、年に一度ススオナン(御神体=バロン&ランダ)が集合する儀礼が行われている。
マルカンディアは、生涯をこの地で終えたのだろうか?
記述は、残されていない。
タロ村周辺で、野生の白いひとこぶの牛を見かけるが、これはマルカンディア一行が持ち込んだものと考えられる。


@も
モンキーフォレスト(猿の森)

ウブド南部にあり、プンゴセカン村とニュークニン村に囲まれた森。
所有は、ウブド地区のパダンテガル村。
隣接する村人からは、猿の森とは言われず、ダラム寺院のある森と呼ばれていた。
鎮守の森としての聖域である。
埋葬場、火葬儀礼場、沐浴場がある。
ビンギン菩提樹は、見応えがある。
垂れさがる太い気根を利用して、あやとりで作った吊り橋が圧巻。
パダンテガル村からダラム寺院までの道は、ハヌマン通りと呼ばれている。
(現在、ハヌマン通り南から猿の森までは、モンキーフォレスト・スラタンと呼ばれている)
ハヌマンは、ヒンドゥー教の聖典ともなっている叙事詩『ラーマーヤナ』に登場する神猿。
ウブドの王宮から猿の森までの道がモンキーフォレスト(Jl.Monkey Forest)と呼ばれるのは、ツーリストが増えてからのこと。
正式名には、古くは「Jl.Hutan(森) Kera(オナガザル)」。
現在は「Jl.Wenara wana」と標示されている。
モンキーフォレストは、通称だ。
村人が興味を示さなかった野生猿のいる森に、観光客が訪れるようになる。
ウブドは今、村自体が観光地になった感があるが、その昔、見所と言えば唯一「モンキーフォレスト」だった。
ウブドが観光地としての人気が高まると、入場者も増え、料金を取るようになった。
施設名:Sacred Monkey Forest=Mandala Wisata Wenara Wana
(https://monkeyforestubud.com/)
インドネシア・バリ島ウブドにある野生猿の自然保護区。
約200頭の猿が生息している。
2000年に入ると、1日入場者数1000人と言われるほどの人気スポットになる。
来園者の車が、交通渋滞の原因となり始めた。
2015年に、エントランスの建物と大駐車場の工事が開始。
完成は2017年10月5日、入場ゲートが移動。
田んぼビューが売り物だったホテルやレストランは、大駐車場の完成で打撃を受けているようだ。
*ビンギン=Bingin:http://informationcenter-apa.com/kb_bingin.html


[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]


ら行


@ら
チャンプアンのラクササ(Raksasa)伝説

ラクササは、巨人、怪物、大きな、巨大なという意味のインドネシア語。
チャンプアンの川のほとりに、岩壁を掘った洞窟があった。
この話は、その洞窟にまつわる伝説だ。
ある夜のことだ。
夫婦は、いつものように行商に出かけた。
帰り道、突然の雨に襲われた2人はチャンプアンの洞窟に駆け込んだ。
渓谷を下り、川底の浅いところを道として渡っていた頃の話。
洞窟は気味が悪くなるほど薄暗い。
雨はますます強くなる一方。
夫婦は肩を寄せ合うようにして、入り口でしゃがみ込んだ。
しばらくすると、洞窟の奥から得体の知れない物が近づいてきた。
寒さのために、二人はまったく気づかない。
得体の知れない物は、2人の背後に立った。
夫婦は背筋に冷たいものを同時に感じ、お互いの顔を見合わせた。
そして、振り返った。
そこには、世にも恐ろしい悪霊が見下ろしていた。
洞窟が悪霊のすみかだとは知らなかった2人は、腰を抜かすほど驚いた。
わなわなと震え怯える夫婦は「命だけはお助け下さい」と哀願した。
「おまえたちの命はいらない。その変わりに、若い娘を生け贄に出せ。そうすれば、ひきかえに富を授けてやろう」
働けど働けと、いっこうに貧乏から抜け出せない夫婦は、悪霊のこの誘いに大いに食指を動かされた。
「生け贄の若い娘は、お前たち夫婦の家にいる娘だ。子豚の丸焼きのようにこんがりと焼いて持ってこい」
家には、実の娘と姪がいる。
つらい行商に追われる生活に前途を失望している夫婦は、大いに悩んだ。
そして、思いついた。
「そうだ姪を生け贄にしよう」

夫婦は、一目散にわが家へと急いだ。
真っ暗闇の中で、2人は生け贄を用意した。
あまりの暗さに間違いを犯してしまった。
姪を殺したつもりだが、実は自分たちの娘を焼いたのだ。(伝説といえども残酷な話だ。著者の声)
したくがととのうと、2人はそれを抱えて洞窟へ向かった。
働きづめですっかりお腹をすかせていた夫婦は、よく焼けた肉の匂いに誘われて洞窟に着く前に味見をしてしまった。
すると、不思議なことが起こった。
どうしたことか、夫婦はみるみるうちにラクササ(巨人)と化したのだ。
爪はのび、牙が生え、顔は醜く、声はかすれ、嫌な臭いまで漂いだした。
夫婦は自分たちの愚かさを悔やんだ。
しかし、時すでに遅し。
こんな姿で村へ戻ることもできず、夫婦は洞窟に身を隠すことにした。

悪霊は夫婦につきまとい、毎日のように生け贄を持ってくるように催促する。
こまり果てた夫婦は、しかたなく寺院祭礼のさなかに踊り子をさらうことにした。
寺院祭礼のたびに、踊り娘がひとり消えることを不思議に思った村人は、相談し、ひとつのアイデアを考えついた。
踊り娘たちに米粒の入った小さな包みを持たせることだ。
万一さらわれた時には、この米粒を道筋に落としていけば行方がわかるというわけだ。
そして寺院祭礼の日、踊り娘たちは米粒の入った袋を持たされた。
しかしこの日も、村人たちの細心の注意にもかかわらずも、踊り子がひとり消えてしまった。
村人たちは、さっそく米粒のあとを追うことに。
ところが残念なことに、米粒は川のほとりで途絶えてしまっていた。
そんな騒動から数日後、水田を耕している農夫の前にラクササが現れた。
農夫は驚き逃げようとするが、ぬかるみに足を取られて逃げることができない。
そこで農夫は、降参するふりをして、こう言った。
「おいラクササ! 俺の筋肉はそう簡単には食いちぎれないぞ。
ごちそうをいただく前に、お前の牙を切り株で研いたらどうだ」 
ラクササは、農夫の言うように切り株に牙を突き刺した。
まぬけた話で、牙は切り株にしっかりと刺さり、口にはねばねばした樹液がくっつき離れなくなってしまった。

こうして農夫は、身動きのできないラクササを退治した。
村人総出でラクササの足跡をたどると、チャンプアンの川のほとりにある洞窟にたどり着いた。
洞窟に入って行くと、そこでは大女が石臼を前にして何かをこしらえていた。
村人たちが大声をだすと、大女は洞窟の奥へ逃げて行った。
村人たちは、洞窟の入り口にありったけの薪を積みあげると、火を放った。 洞窟は燃やつきた。
こうして、寺院祭礼で娘の消えることはなくなった。
*バリ島見聞録「チャンプアンのラクササ(Raksasa)http://informationcenter-apa.com/kb_campuhan.html」から。

@り
クトゥット・リエール(Ketut Liyer)

リエール氏は、プンゴセカン村の高名なバリアン=Balian(バリの呪術師)。
専門は、子供に関する儀礼を司るお坊さん(マンク)だが、手相占い&薬草による病気治療もできる。
バリアン・ソンテン=Balian Sontengと呼ばれていた。
90年初頭、バリ人友人の子供の儀礼に立ち会った時に、お会いした人物がリエール氏だった。
マンク(僧侶)姿で微笑まれていたが、眼光に力を感じた。
中沢新一の「虹の理論」(平成2年9月25日・発行)に、リエール氏は登場する。
第二章:ファルマコスの島は、弟子入りして、まとめたとレポートだと記憶している。
数ヶ月の滞在で、彼は気づいた。
このまま滞在を続けて、マジックの研究していては危険だと感じて、取材を切り上げて帰国したようだ。
エリザベス・ギルバート著の「Eat, Pray, Love」は、スピリチュアル嗜好の欧米人に人気を博した。
この小説の中でリエール氏は、重要な役割の人物として登場する。
日本語版「食べて、祈って、恋をして」は、訳者:那波かおりで、2009年12月16日に発売されている。
「邦題:食べて、祈って、恋をして」は、ジュリア・ロバーツ主演で映画化され、リエール氏は世界的な有名人となる。
出演依頼があったが病弱で叶わず、映画は代役が務めた。
2009年、ウブドの各所(市場、モンキーフォレスト、グヌン・ルバ寺院、ジュンジュンガン村の隠れ家etc)で撮影された。
公開は、2010年9月17日。
放映後、多くのツーリストが訪ねて来るが、施術のできる身体に戻ることはなかった。
2016年7月16日、火葬儀礼が盛大に執り行われたのを記憶している。
昔の人のことで生年月日がわからず、享年100歳くらいだろうと言われている。
*バリアン(Balian):http://informationcenter-apa.com/kb_balian.html




[あ行] / [か行] / [さ行] / [た行] / [な行] / [は行] / [ま行] / [や行] / [ら行] / [わ行]/ [ん行]



Information Center APA? LOGO