Information Center APA? LOGO

バンジャール(Banjar)





バリの村にバンジャール(Banjar)と呼ばれる、バリ特有の最小単位の村組織がある。jarは”悲しい”という意味のバリ語で、悲しいことをなくすための助け合いの組織のことだ、とスバリ村のグスティ君は教えてくれた。
いくつかのバンジャールが集まってデサ・アダットと呼ばれる慣習村ができている。アダットとは、しきたり、習わし、地域の独特な伝統といった意味になり、バンジャールや各デサ(村)ごとに、それぞれ違うアダットがある。そんな理由からバリ人は、何かを説明する時「わたしの村では」と前置きする。
バンジャールとデサの組織、そして、潅漑システム=スバックの基礎は、8世紀、高僧ルシ・マルカンディアによって作成されたと言われている。マジャパイトのバリ支配時代、王権への脅威に一般村民があった。村民の結束を最小限に押しとどめるため、もっとも小さな単位のバンジャールに分けられ、王宮からの賦役義務が命じられた。

バンジャール

バンジャールの構成でもっとも重要なメンバーは、K・K(カーカー)=Kepala Keluarga(家長)と呼ばれるもので、男子が結婚し、夫婦となってはじめて正式のメンバーになれるとされている。これは、神々への供物を作る女性がいないとバリ人としての社会生活が成り立たないためだ。だからバリ人は、必ず結婚しなくてはと考えるのだ。
K・Kの権利は父親から息子夫婦へと受け継がれ、集会には男性だけが出席する。外部から移り住んだ人も、構成員としての義務を果たせばバンジャール成員になることはできる。バンジャールは、ある一定の人口が増えるとバンジャールを分離する。例えばウブドの場合。山側ウブド(Ubud Kaja)、海側ウブド(Ubud Kelod)に別れ、その後、中間ウブド(Ubud Tengah)と増えていった。
現在は、家長メンバーの他は、主婦たちの組織P・K・K(ペーカーカー)=Program Kesejahteraan Keluarga、未婚の青年と未婚の女子の組織プムダ・プムディ(Pemuda Pemudi)などがある。
おもな役割は、プラ(寺院)の維持、管理、そして、オダランの運営や奉仕活動の義務だ。これらプラに対する奉仕のことをンガヤと言う。王制時代、王宮(プリ)の奉仕もンガヤだった。さらにバレ・バンジャール(バンジャールの集会場)や道路などの公共施設の建築、維持、管理、そしてバンジャールの家族の儀礼(結婚式、削歯儀礼、子供の誕生日)葬儀、火葬儀礼などの奉仕活動など。これらの奉仕活動はゴトンロヨン(gotong royong)と呼ばれている。
その他に、ガムラン・グループのスカ・ゴン(Sekeha Gong)や、田植えや収穫、田んぼの水利を管理する組織スカ・スバック(Sekeha Subak)などもバンジャールに関わっている。
ゴトンロヨンという制度は、バンジャールの人々の重要な役割で、バリ人社会の基盤でもある。奉仕活動は、カーストや貧富に関係なく平等に役目を担うことになっている。
バンジャールには通常、外部からの侵入者をチェックするための見張り小屋、ポス・カムリン(Pos Kamling)が村の入口近くの道路脇に建っている。都市部や幹線道路沿いの村では見かけることは少ない。
村人は、交代で村やプラを警備し、特にプラにある儀礼のための大切な品物が盗まれないように気を配っている。もし、不審な人物でもいたら、クルクルで警報の合図を打ち鳴らしバンジャール中に知らせる。インドネシアはギャンブル禁止なのだが、よくこの小屋でカード・ギャンブルに興じる村人を見かける。

日頃バンジャールのゴトンロヨンに参加していないと、いざ自分の家での儀礼、葬式、火葬式などの時、ほかのメンバーの奉仕が得られず困ることになる。儀礼のための準備や供物作りは何日間もかかり、大勢の人々の協力がなくてはできないものだ。
もし奉仕が受けられない場合は、バリ人がもっとも大切とする「浄め」の儀礼である葬儀や火葬式ができなくなってしまう。バリ人の宗教観である「輪廻」(火葬された霊は浄化され、祖霊神となって帰ってくる)が実現できなくなってしまうのだ。こんな結果をもっとも恐れるバリ人は、必ずゴトンロヨンに参加するというわけだ。
ゴトンロヨンを怠った家の墓が掘り起こされたり、死体が移動されたという話や火葬式の当日、死体を火葬場に運ぶバデと呼ばれる御輿が投げ捨てられたという恐ろしい話もよく聞く。

アパ?のスタッフ、ワヤン君の家も、そうだった。
その時、ワヤン君の村は合同葬儀の日だった。ワヤン君の以前亡くなった家族も出棺した。そして、ワヤン君家族のバデは火葬場に行く途中の道端に置き去りにされた。その夜、ワヤン君の家に村人の襲撃があった。投石により窓ガラスは割られ、駐車してあったワヤン君の車は壊されてしまった。恐怖におののく家族はギァニヤールの親類の家に逃れた。怪我はなかったが「怖かった」とワヤン君はその時のことを語った。
ワヤン君の家の場合は代々王族に仕えていたため、村のゴトンロヨンを怠りがきにして王宮に奉仕に行くことが多かった。先祖代々からの村人の妬みが、今頃になって火葬式の御輿置き去りとして現れたのだ。
 王族だからと言って安心していてはいけない。ワヤン君と同じ時期、バトゥブラン村の近くの村の王宮の火葬式で、バデが投げ捨てられたという事があった。これも王族が日頃、ゴトンロヨンに参加していなかったことが原因らしい。先に書いた、ゴトンロヨンにカーストは関係ないということを証明する事件だった。
ワヤン君の家族の火葬式は、その後サヌールにある外人墓地で執り行われ、家族が村に戻るにあたっては警察が介入し、村にいくらかの罰金を払って一見落着となった。
 ワヤン君の場合は警察が介入したが、バンジャール内の事件やもめごとは、死人が出ない限りほとんど、バンジャールの慣習のもとで解決していく。バンジャールは警察や裁判所の役割もする。そういう意味では、独立自治区であり、小さな「国家」と考えてもよいかもしれない。

また、こんな話も聞いたことがある。
村人の結婚については、バンジャールの人々の承諾が必要だ。あるバンジャールで、未婚の女性が妊娠した。相手の男性は、よそのバンジャールの人間で、どうも結婚についての返事がはっきりしない。そこで女性の方のバンジャールから結婚の承諾を相手のバンジャールへもっていく。これは女性側のバンジャールの面目をかけて大切なことで、必ず結婚にもっていこうとする。そして、バンジャール同士の喧嘩になってしまうこともある。こんなふうにして、村を守っているというわけだ。バンジャールのほとんどは親族集団か信徒集団といってもよい。そのため、結束も固いのだ。

バリ西部にあるジェゴグで有名な村での話。
ある村人男性が同じ村の人妻に手を出した。それが露見し、村では大騒ぎになった。さっそくバンジャールで集会が持たれ、男性の処分について話し合いが行われた。結論はなんと、米2俵だったと言う。これでことが丸く収まるのも不思議な事だ。こうしてもめ事を大きくせずに、ある意味で穏便にすませることによって、村人の生活をひとつにまとめているのだと思う。
保守的ではあるが、こうしたバンジャールのまとまりが、バリの平和と穏やかな日々を育んでいるのかもしれない。賛否両論はあるだろうが、こんなバンジャール組織が、いつまで続くか、また改革されるのか、ツーリストとして客観的に見届けたいと思っている。

好奇心から、Banjarをインドネシア・日本語辞典(谷口五郎編・1995年版)で調べてみた。なんと載っているではないか。意味は、バリのBanjar(最小単位の村組織)とは違い、列:ひと並び、とある。同じスペルで同じ発音のBanjarでは、インドネシア人も戸惑うことだろう。
どんな混乱が生じているのか、以前、アパ?のインドネシア語講座の講師をしていたランギン・スンバダ氏に訊いてみた。彼は「Banjarというインドネシア語はない」と断言した。しかし実際に辞典には載っている。スンバダ氏は「列:ひと並び、という言葉は、普通Jajarを使う」と言う。現在、Banjarは使われていないようだ。Jajaを辞典で調べると、意味はBanjarと同じだった。そんなことで、わたしの心配も危惧に終わった。





※貴方の知りたいことを、Web版自由筆記帳(掲示板)に書き込み下さい。アパ?スタッフが全力を上げて回答いたします。



お問い合わせ apainfo@indo.net.id
メール本文は、簡単な漢字(小学生レベル)を含んだ日本語、または英語、インドネシア語、バリ語で
Copyright (C) 2004-2011 Information Center APA? All Rights Reserved