「極楽通信・UBUD」



10「感動の槌音・ジェゴグ」





ジェゴグ


わたしが、はじめてガムラン・ジェゴグを聴いたのは、1990年のことだ。
ウブドの長期滞在仲間のひとりが、どこで仕入れてきたのか面白いガムランがあるから聴きに行こう、と誘ってきた。バリ西部ジュンブラナ県ヌガラに古くから伝わる、ジェゴグと呼ばれる竹のガムランだ、と教えてくれた。その頃、まったくバリの芸能に興味のなかったわたしには、ジェゴグと言われても何のことか、さっぱりわからなかった。
当時のウブドは長期滞在者も少なく、断るとつきあいが悪いと言われそうで、それが恐くて同意した。定期公演がないので、われわれはチャーターすることになった。当時の滞在者は、節約旅行者ばかり。予算の都合で、できるだけたくさんの参加者が必要だった。さっそく、手分けして声をかけると10数人が集まった。その頃の、長期滞在者のほとんどだったかもしれない。
そんな気の合った仲間たちと、お尻の痛くなるような座席のベモ(乗り合いバス)に乗って、遠くヌガラの街へ遠足気分で出発した。ところが、ベモは足もとから排気ガスが車内に侵入してくるオンボロで、とても快適とはいえないしろものだ。途中タバナン県に入ったあたりから、車窓の景色が広々とした緑一面の棚田になり、少し心が和んだ。

5時間かけて、やっとヌガラに到着。太陽はすでに西の地平に沈んでいた。
ヌガラの街に入ってから、どうベモは走ったのか暗くて、まったくわからない。家々の建ち並ぶ道を抜けて、柱と屋根だけの小さな建物に案内されたのを覚えている。すでに大勢の村人が集まっていた。
建物には、竹で組まれた1メートルほどの高さの舞台を正面にして、竹の椅子が10数脚横一線に並べられてあった。われわれはそこへ腰をおろした。そのうしろには子供たちが鈴なりになって、われわれを凝視している。われわれはガムラン・ジェゴグを観に来たのだが、村人たちの視線は、ガムラン・ジェゴグを観に来たわれわれを観賞しているようだ。
舞台の右側に、ガムラン・ジェゴグを前に演奏者がスタンバイしている。
熱演してくれた村人には申し訳ないが、興味のないわたしは、その時の状況をあまり覚えていない。辛うじて覚えているのは、歓迎の踊りのあと、ひとりの女性が踊り、途中から観客を舞台に誘って一緒に踊るというジョゲッ・ブンブンを踊ったことと、公演のあと、舞台の上で、袋に包まれたバリ料理の食事を皆でしたことだ。
これがガムラン・ジェゴグか、と、わたしはかなり冷めた状態で帰って来た。

それから2年後、再びジェゴグを聴く機会が訪れた。
ガムラン・ジェゴグに興味を示さないわたしに、年末年始にかけて毎年バリを訪れる友人が「ガムラン・ジェゴグを聴きに行こう」と熱心に誘ってくれる。「1度観たから」と断っても「このグループは違う。絶対満足するから。保証するから」と、まで言う。
ガムラン・ジェゴグのグループは、ヌガラにいくつもあって、どうやら、そのレベルにかなりの違いがあるようだ。バリ芸能に詳しい友人が「保証する」と力強く約束した一言を信用し、わたしは、もう1度あの悪路を走ってみる気になった。
ヌガラの街に入ると、前に来たときとは違う方向に車はステアリングを切った。道端のサンカルアグン村の表示版が眼に入った。車は、2度3度、ステアリングを切り、大きな屋敷の前に止まった。
門をくぐって中に入ると、中庭の芝生の上に極彩色も鮮やかなガムラン・ジェゴグが2セット、われわれを向かえるかのように並べられていた。楽器は騎馬のように整然と並び、騎乗する主人を待つかのようだ。背景は鬱蒼としたジャングル。いきなり威圧されるセッティングだ。
無骨な土の匂いがするような演奏者が入場し、それぞれが受け持つ楽器の前に立った。
演奏者は両足を少し開き、しっかりと大地を踏ん張る。前方を見据え、出陣を今か今かと待ちわびる武者のように勇ましい。
その時の彼らの気迫に、これは友人の保証通り、期待できるかもしれない、と予感した。
ウブドの定期公演で観る青銅製ガムランは、地べたに直接座り込み、身体をあまり動かすこともなく、平然と優雅に演奏する。ルーツは宮廷音楽だと認識させられる、毅然とした態度だ。そこから優雅に叩きだされる音は、舞台中央から天空に向けて黄金の鈴が舞っているように感じる。
一方、ガムラン・ジェゴグは、マリンバのようにばちを両手に持って演奏するが、ジェゴグは、マリンバのように優雅で上品な演奏ではない。

演奏がはじまった。
演奏者は両手に持ったばちを高く振りかざしたかと思うと、いきなり馬に鞭を入れるように振る下ろす。
しかし、1曲目は、演奏は期待したほどのことはなかった。よちよち歩きの子供が押す手押し車のうさぎがはねる軽快な音だ。ユーモラスではあるが、力強さがない。
わたしはどちらかと言うと、どんなことにもあまり感動する方ではない。これなら、竹筒ガムラン・ティンクリックに毛が生えたようなもんだ。この程度のものなら友人の感性もしれたものだ。それとも、わたしの音楽センスが貧弱なのか。

2曲目がはじまった。
今度は、大粒の雨がトタン屋根を激しく打つような大きな音だ。わたしの感情が動揺しはじめた。何か違うぞ。この音はいったい何だ。クエッション・マークが連続して点滅し、初体験の音に頭が混乱し出した。
楽器が揺れる。人と空気が揺れる。正面から、そして地面から振動音が向かってくる。手に持ったミネラルウォーターのプラッスチック・ボトルがその音に共鳴する。
小刻みに叩き出される音は、連続して発射される機関銃のように壮烈だ。ドスンドスンと腹をえぐる重低音は大砲だ。ダイナミックで荒々しい演奏は、まるで音の集中砲火だ。
青銅製ガムランのばちさばきは、手首のスナップをきかすが、ジェゴグのばちさばきは、どちらかと言えば、あまりスナップをきかさず身体ごと演奏するといった感じだ。身体を左右に揺すり、伸び上がったり沈み込んだり、飛び跳ねるよに演奏する。時には、奇声を上げる。これは、もうスポーツだ。こんな演奏方法は、世界広しといえども、ほかにあまりないだろう。
青銅製ガムランがジャズだとすれば、竹筒製ガムラン・ジェゴグはビートのきいたロックのノリだ。
心を落ち着けようと、ここで眼を閉じた。
音の波が空気を震わせ地面を伝って、わたしの身体に向かって来る。わたしの身体は、大海原の荒波に投げ出され小枝がさまようように波間を漂い出した。砕けた音の波しぶきが、降りかかる。時折、大きな音の波が怒濤のように押し寄せては、身体を包み込む。
母胎の中にいるのか、地球の子宮に包まれているのか。このうえもない、安息の感覚だ。
突然、理由のわからない涙がこぼれはじめた。いや、理由のない涙ではない。これは感動の涙だ。
涙はなかなか止まらなかった。
演奏が終わったあと、わたしの身体は心地よい疲労感に包まれていた。
この時わたしは、この感動を多くの人々と分かち合いたいと思った。
これで友人が、執拗に薦めてくれた理由がわかった。
グループの名前は、スアール・アグン(Suar Agung)。


ジェゴグ


※スアール・アグン(Suar Agung)芸術団のジェゴグ公演

★日時:毎週木曜日、7.00PM開演
★会場:ヌガラ郡サンカルアグン村
★料金:お一人様65US$(送迎・ディナーBOX代含む)
★送迎:ウブド地区はパノラマホテル前3.30PM集合(帰路は各ホテルへお送りします)
★予約:チケット予約はアパ?でお願いします(10名様以上集まらない場合はキャンセルとなります)


関連記事:「芸能解説」ジェゴグ(jegog)



《ガムラン・ジェゴグ 73グループ、圧巻の競演》

毎年8月に、ジュンブラナ県で開催されたている「ジュンブラナ・アート・フスティバル」。
2012年、ジュンブラナ県のお家芸「ガムラン・ジェゴグ」の競演には、73のグループが参加した。

※YouTubeにチャンネル登録をしていただくとAPA?の最新情報をチェックすることができます。




Information Center APA? LOGO