古都バンリを巡る旅!

10世紀半ばから400年続いたバリ王国=ワルマデワ王朝時代、バトゥール山の山裾にあるこの地は、バリで最も気候のよい町として王家の避暑地だった。

クヘン寺院は11世紀頃、国寺として、スリ・ブラフマ・クムティ・クトゥによって建立されたと言われている。

バンリの名称が使われるようになったのは、ゲルゲル王朝が隆盛を極めていた16世紀なかばのこと。

当時の王が、息子のひとりデワ・グデ・バンチンガンに「北西に進み、赤い森に出たらそこに自分の王国を造るように」と伝えた。

バンチンガンは言われるままに進み「赤い森・bang giri」を見つけて王国を興した。

バンリとは、バン・ギリがなまったものだと言われている。

現在は、バンリ県の県庁所在地。(参照:地球の歩きかた・バリ島)

◎王宮と市場周辺を散策

◎クヘン寺院

◎バンリの丘の寺院

◎プンリプラン伝統村+バンブーフォレスト

◎ムルカット@ティルタ・スダマラ

◎バリアン体験

*所要時間:8時間(出発9.00am〜帰着5.00pm)/ 目的地&順路は、相談のうえ選択

*料金:4,000円/1名様(遂行人員・2名様以上)

(正装、日本語ガイド・車代含む / お布施・供物・入村料は個人負担)

(クタ、ヌサドゥア、ジンバラン・エリアからは、別料金になります)

 

プンリプラン伝統村

 

 

 

 

 

ティルタ・スダマラ

 

 

 

 

 

 

バンリの丘の寺院